黒紗夢日記

黒紗夢の日記です。読み方は「くろじゃむ」でも「クロッサム」でも構いません。 格ゲーでは「くろっさむ」で、他は「くろじゃむ」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
最悪な気分(やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。⑥)
さて、靴に穴が空いていたせいで足がびしょ濡れになってしまった黒紗夢です
大した穴ではないというか、ちょっと傷が付いている程度なんですがそこから水が染みこんで大変な事になりました
普通の雨だったら問題なかったんですけどね……

ということで、今日は本当は学校へ行きたくなかったんですが、2年生がラボワークでくるという謎の出来事があったので、それを見に行きました
結局私は何もしていませんけどね!
というか、正直行く気は全く起きなかったので、行ったのが3時過ぎというか4時近くだったんでほとんど私がやることはないんですよね
何も話していませんし、自己紹介もしてません
まぁ、私がいても特に教えられることがないので仕方ないと言えば仕方ないんですけどね
1人は今まで自分でゲームなどを作ったことがあるそうなんで、私より優秀な気がしてなりません
おや……?
ひょっとして私は用済みなのでは……?
しかも、今日は色々センサー類について調べたんですが、結局何も進められないという結論に至ってしまいやばい状態です
ひょっとしてセンサー壊れてるんじゃ?と思わずにはいられません
稼働させているはずなのに、稼働していない状態なのでよく分かりません
故障として一旦出した方がいいんじゃないかなぁなんて思いますが、どうなるのかはいやはや分かりません
もっとサンプルプログラムなんかがあると嬉しいんですけどね―
あまりプログラムがないのが残念です
C#でなんて殆どの人やってませんしね!

そして、教授に色々聞かれるのかと思いきや、素通りされたので多分大丈夫だろうという適当な安心感を持っています
きっと何とかなる……何とかなるはずだ……
先が全く見えないものだけど、きっとだいじょうぶだ……
何をすればいいのかも分からないけど、相方に聞きながら自分でやらないと……
そろそろプログラミングの勉強をまたやった方がいいのかもしれません
LoLやめないとですねー

で、真空の限定がまだ残っていたので真空で食べました
今回の限定は狼煙の最後にバリカタの細麺とチーズや鰹節などが追加されるという要するに同じ値段で新しい味が楽しめるという感じのものです
元々狼煙は大盛かご飯を無料で追加出来るんですが、それが細麺に変わっただけですね
結構美味しいですが、もうあまり人気がないのか二日目の夜でも普通に売れ残っていました
やっぱり全く違う味じゃないと限定の意味が無いのかもしれませんね……

タイトーでは相変わらずドラマニ
大して成長していませんが、左足と右足のかなりいい練習になる曲を見つけたので、それをひたすらやりたいと思います
百鬼夜行という曲で、BASICは何故か左足が滅茶苦茶あるという素晴らしい曲
ただの交互なんで微妙と言えば微妙なんですが、良い足の運動にはなるのかなと思います
リズムも取れますしね

帰宅してからはLoL
maikaiで雑魚ってました
もうOPChampion使わないと勝てないです……
ストレスがマッハですよほんとうにもう


ラノベレビュー
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。⑥
ガガガ文庫より
著者:渡航 イラスト:ぽんかん⑧

今回は、なかなかに胸クソ悪いキャラが登場してストーリーがかなり面白い展開になっています
ある意味で言えば現実的であり、かなり非情なものとなっています
そして、相変わらず私は葉山を好きになれません
どうも描写が所々なせいなのか、上辺だけの薄っぺらい人間に思えてなりません
昔の巻でのテニスの勝負の時から思っていましたが、結局優柔不断で適当な言葉を羅列して慰める人間にしか思えませんので、嫌いです
対比キャラだからしょうがないのかもしれませんけどね
しかし、他のキャラは今回結構いい動きをしてくれます
やっと積極的になった由比ヶ浜は見ていて微笑ましかったり、今回のメインである雪ノ下の心情の変化や周りとの接し方が丁寧に描かれていたりと、面白い要素も盛りだくさんです
舞台は文化祭という学校生活では欠かせない時期で、多くのキャラの動きが見られます
新キャラ達の行動だったり思考だったりが錯綜して、主人公のどう映るのか、そしてどういう言葉が投げかけられるのかというのが、一つ一つの色合いが違います
ただ、意外と生徒会長は見る目がないというか、もうちょっと考える人間なのかと思いきやそうでもなかったのが残念です
今回のストーリーは理解出来る人間と出来ない人間で大きな差があるでしょう
特に、クライマックスの比企谷の言葉はなかなかに痛烈に刺さってきます
ある意味で言えば正論であり、酷い現実でもあるので、良いヒールっぷりを発揮します
このラノベはそういう残酷な事だけれども、向き合わないといけない問題というのをキャラたちの掛け合いを上手く掛けあわせて対比させているのでとても面白いです
今後、どうヒロイン達が積極的になり、主人公の待遇や考え方の変化していくのか楽しみです

一言:由比ヶ浜可愛い
総評 70/100
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。