黒紗夢日記

黒紗夢の日記です。読み方は「くろじゃむ」でも「クロッサム」でも構いません。 格ゲーでは「くろっさむ」で、他は「くろじゃむ」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
食事のためだけに(彼女はつっこまれるのが好き!10 アフターレコーディング)
さて、今日は真空の為だけに町田へと行った黒紗夢です
本当は研究室にも行こうかななんて思ってはいたんですが、1時半くらいに絵がくるわ、他のやつは直接町田行くとか言い出すわで完全に行く気がなくなったので、そのまま家にいました

ということで、今日は学校へは行かずに家でゴロゴロとLoLをしてから溝の口に行きました
やはりDo Not Fallガチ勢としては、ロケテ中に全一になりたいですからね
積極的にやっていきました
溝の口は一台だけBBCPが入っていない台があるので、そこでひたすらやっていました
おかげで、やっとNormalで全國一位になりました

DoNotFall




いやー……長い道のりでした
それまでずっとハードでやっていて、なかなかクリアできなかったのでそれの腹いせとしてNormalを一回やったんですが、あまりにも簡単すぎた為に一発で一位になってしまいました
やはりこのゲームは一度クリアしてしまうと、大分楽になるようです
とは言え、ハードは本当に難しいです
やっとのことで21面くらいまで言ったんですが、それでもきついです
初見殺しの場所が20面くらいから増えすぎたせいでかなり死にました
5面の時間が足りなすぎるステージを除いて、6面からは滅茶苦茶簡単になったんですが、Normalにすら出て来なかった新しいステージが本当に難しかったです
色々と組み合わさっていて結局クリアは諦めました
それでも全一なんだから、本当に人口が少ないです……
因みに、ハードは全國で4人しかやっていないという貴重な人数です
まぁ、こんなクソゲーにハマる人なんて少ないでしょう
アーケードでやる意味が分からないゲームですからね
家でやれば面白いと思います

そして、真空の限定を食べる為だけに町田
研究室の奴らも町田にいたんですが、私は我慢が出来なかったので一人で食べてました
まぁ、一人で行ったのにもかかわらず、店員が注文を間違えたせいで待ちぼうけを20分くらい喰らって結局食べている最中に奴らが来たという何ともタイミングをもうちょっと遅くすればよかったなと思わざるをえない出来事が起こってました
限定は特に凄く美味しいわけでもなく、これ、焼肉が注目らしいけど、焼肉いらなくね?とか思ってました
やはり真空の限定で辛くないのはハズレが多いです
美味しいんですが、真空じゃなくてもいいよね?という状態

食べ終えてからは、さっさと溝の口に戻って大会
今日は珍しく勝ってました
2週間ぶりにBBCPに触ったんですが、意外と勝てて驚きました
決勝まで行って、最後の消化試合で昇格戦になったんですが、ハクメンに空投げOD決められて死にました
それだけが一番悔しいです
折角の昇格戦がハクメンの無慈悲な空投げODに捨てられるというこの悲しみ
もっと警戒すればよかったんですが……あほですね
μを結構練習してましたが、まだまだイザヨイでもいいのかな?なんて最近勘違いしてます
勘違いです


ラノベレビュー
彼女はつっこまれるのが好き!10 アフターレコーディング
電撃文庫より
著者:サイトーマサト イラスト:

本編は終わったんですが、短篇集と2人の数十年後どうなっているのかというストーリーが詰め込まれています
相変わらずギャグというか、ボケと突っ込みが恐ろしく寒いんですが、ストーリー自体は結構丁寧でしっかりと描かれています
ただ、ストーリー上の設定とはいえ、色々と無茶苦茶な展開が多かったりして突っ込みどころ満載なのでそこら辺は気にしたら負けなのかなと思います
今までの短編はそういう無茶なのが多いんですが、30歳を迎えた2人のストーリーはなかなかいいです
30でも相変わらずそのノリなのかよと思わなくもないですが、まぁ、この2人ならこうなるだろうなという予想通りの展開で安心することが多いので、良かったです
正直いらないと言えばいらなかったですけどね
普通でした

一言:30歳までよくもったな……
総評 68/100
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。