黒紗夢日記

黒紗夢の日記です。読み方は「くろじゃむ」でも「クロッサム」でも構いません。 格ゲーでは「くろっさむ」で、他は「くろじゃむ」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
投票には行く(狼と香辛料ⅩⅢ Side Colors Ⅲ)
さて、今回も選挙に行ったついでに溝の口へ行ってきた黒紗夢です
つい先日の選挙でも全く関係がないのに溝の口に行きましたが、やはり外に出るとそのまま家に帰るというのは何となく気が引けてしまうんですよね
そうやって結局適当に溝の口で時間を潰して無為に時を過ごすという……

ということで、今日は昼過ぎに起きてLoLの配信何かやってないかなーとか思いながら眺めていたんですが、
ニコ生で思いっきりELOBoostingをしているアホがいたんですよね
本当にゴミです
ELOBoostingというのは簡単に言うと、他人の垢を使って自分のrankを上げる行為です
MMOに例えると他人に垢を貸してレベル上げをしてもらうような感じですね
まぁ、MMOだと個人だからまだしも、LoLの場合、ELOBoostingをすることによって他人にまで迷惑がかかるので本当にやめてほしいです
割と本気で報告をしたかったんですが、どこにメールを送ればいいのか分からなかったので挫折してしまいました
適正レートというのがあるのに、下手な奴が上に上がるのは不愉快ですからね
こういうのを白昼堂々やっている神経が分かりません

閑話休題

溝の口に行ってドラマニが混んでいたので、maimaiをやっていました
ちょうどダンレボにも人がいなかったので悠々と出来たんですが、まさかのmaimaiでの初落ちですよ
LV11の曲なんですが、maimaiでこんなに難しい曲があるとは思いませんでした
勿論、純粋に100%を狙うようならば、難しい曲なんて腐るほどあるんですが、クリア出来ない程の難しさというのは今までになかったんですよね
それがまさかあるなんて……
今回のGreenになってから、LV11の曲が増えたんですが、その中の脳漿炸裂ガールという曲であと0.3%で落ちました
割と悔しかったです
しかし、こういうので落ちるという事は、EXがLV10のやつのMasterも落ちるんだろうなぁと考えるとやりがいはあるのかもしれません
そこまでモチベが上がらないのが難点ですが、ちょくちょくやるには悪くないゲームです

そして、晩飯は江戸屋にしようかと思ったんですが、新規開拓の為に自由が丘へ
ここ最近出来たつけ麺結心というところに行ってきました
量としては悪くない方ですが、どうも麺が合いませんでした
悪くはないけれども、麺がそこまで美味しくない
よくあるつけ麺屋だなという感じです
ふーんという感想くらいしか出てこないので、多分もう二度と行かないでしょう
接客がクソだったっていうのもあるのかもしれません
まぁ、自由が丘にはまだまだ沢山のラーメン屋があるので、もっと回りたいですね
大岡山も回ってとか言われたんで、回りたいんですがなかなか機会がないのが残念です

帰宅してからは、LoL
私がSupportをやると大抵負けるんですが、今回は相手がSupportRyzeとかいう神Selectをしてくれたおかげで圧勝することが出来ました
まぁ、例えRyzeじゃなくても他のLaneで勝っていたので、ここが決定打というわけではありません
それでも、まずBotは死ぬことがなく、ひたすらこちらが殺し続けるだけだったので楽勝でしたけどね!
SupportRyzeなのに、マナを積んでいる意味が分かりませんでした
こうしてまたrankのポイントが上がっていってあと2回勝てば昇格戦が始まります
いきたいなー


ラノベレビュー
狼と香辛料ⅩⅢ Side Colors Ⅲ
電撃文庫より
著者:支倉凍砂 イラスト:文倉十

今回も短篇集でその3といったところで、ホロとロレンスのイチャイチャ、そしてメインのノーラを中心としたエネク視点でのストーリーです
ホロとロレンスの短編は相変わらずのアツアツっぷりを発揮していて、ホロが怒る理由や拗ねる理由、寂しくなる理由というのがとても深く愛らしいので読んでいてとても面白いです
なかなかこういう駆け引きを繰り広げる甘いストーリーは類を見ないので、一つ一つのやり取りについ頬が緩み良い関係だなと微笑ましくなります
臨場感やその場の匂いまで伝わってきそうなタッチなので、その場にいる通りすがりの者のような感じで世界観を読むことが出来ます
そして、ノーラの方は、ノーラがロレンス達と別れた後の一人で街を目指してそこでの事件やいざこざに巻き込まれながらもどう自分を決めていくのかというもので、犬視点というのがなかなかに楽しいです
エネクも意外と一癖も二癖もあるような犬で、犬らしからぬものが多いんですが、よく周りの状況を観察しノーラとの信頼が厚いです
読んでいて安心が出来る物語で、ノーラの感情や気遣いといったもどかしくなるような移ろいにも辛抱強く耐え、決断の先を見ていくのでとても面白いです
ノーラには良い未来が待ち構えていてほしいと切に願います

一言:ホロは可愛すぎるし、ノーラは幸せになってほしい
総評 89/100
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。