黒紗夢日記

黒紗夢の日記です。読み方は「くろじゃむ」でも「クロッサム」でも構いません。 格ゲーでは「くろっさむ」で、他は「くろじゃむ」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
中身すらも適当(ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?)
さて、最近どんどんブログの内容が適当になっている黒紗夢です
今までは少しくらいは読み返していたんですが、今ではもう完全に面倒くさくなって適当に綴ったまま読み返しもせずにそのまま投稿しています
そのせいで、結構意味不明な前後関係だったり、謎の言葉を書きなぐったりしています
でも、そういうの気にしてら負けですよね
もうちょっと暇になったらまた丁寧にブログ書くんだ……

ということで、今日も今日とて研究室です
ここ最近は全くといっていいほどに火曜日に研究室へは行かなかったのですが、今日は違います
研究室に行きました
一人しかいませんでした
どういうことなの……
いや、確かに1人は来れないということは事前に分かっていたんですが、それでも普通に皆いると期待していたのにこのザマですよ
学部生も全員来ているわけではなく、一体私は何のために来たのかと疑問を呈したくなりましたよ
いや、自分の研究の為に来ているので他人がどうのこうのとか全く関係ないんですけどね、えぇ
そんなこんなで、研究室へ行って少し研究
のち学食でアイスを食べる
そして、研究室に1時間もいたかいないかの時間です

私は、プラネタリウムに行きたくなりました
そうです
プラネタリウムです
私の大学の近くにはJAXAがあり、その正面に博物館があります
その博物館でプラネタリウムをどうやら上映しているらしく、最近ちょっとプラネタリウムに興味が出て来たので行きたくなったんですよね
で、最後の上映が3時50分
これはもう行くしかないと思いました
思い立ったが吉日です
研究なんてそっちのけで、プラネタリウムに行きました
駅から徒歩20分とかかれていたんですが、研究室を出たのが既に半近く
割と絶望的な状況です
場所なんて行ったことがないので、地図を見ながら走ってました
どこだよここ状態で、本当にたどり着けるのか謎でしたが、開演1分前に何とか到着
かかりの人に次からはもっと早く来てくださいとキレられながら入ることに成功しました
いやはや、全くその通りです
しかし、走ってきたせいで汗はだくだく、服はビチョビチョともう座るのも嫌悪するような状態なのにもう上映して暗くなるっていうんだから世知辛いです
私が一方的に悪いだけなので、特には関係ないですけどね
で、汗を拭きつつ、背中のシートが熱くなってもう席移動したいなぁとか思いながら見ていたら

プラネタリウムじゃありませんでした

どういうことなの……
どうやら、この時間は全天周映画らしく、プラネタリウムのプの字も出て来ませんでした
因みに、タイトルは

「Eternal Return」

……厨二病?
なんて思ってました
いや、かっこいいタイトルですけどね
私は好きですよ
席が暑いと感じながら見ていましたが、内容は結構良かったです
全天周なので、映像に迫力がありすぎて若干恐怖はしていました
気持ち悪いという表現は私の中では少し違って、やはり怖いという表現がしっくり来ます
確かにものが大きすぎて気持ち悪い印象もありますが、遥かなる大きさを前に綺麗な映像があると恐怖心と好奇心がせめぎあって非常に面白かったです
全天周映画で普通の映画とかも見てみたいですね
しかも、500円なので、結構お得です
星空を見られなかったのは非常に残念ですが、まぁ、満足です
ただ、次からはしっかりと星空を見れるような回にしたいです
とか思ってたら、もう夏休みは一生そういうのがないので近くのプラネタリウムで素直に見たいと思います
何故夏休みは一切やらないのか理解が出来ない……
一番の楽しみだったのに……

そして、溝の口に行ってBBCPとガンダムFB
X3がどんな感じなのかなーと楽しみにしてやっていたら、強そうではあるんですが、自分にはあわないような気がしました
イメージではもう少し早い機体だったんですが、実際に動かしてみるとなかなかにやりづらかったです
とは言え、良い機体だとは思います
あとはコンボや立ち回りがもっと開拓されれば、楽しいでしょう
後格とかは楽しいんですが、X1がオワコンになることはないでしょう
で、ドイツ製さんと同じ駅に降りることが判明してながら帰宅

他人のLoLの闇を見ていたり、Kennenで俺TUEEEして満足してました
やはり、Kennenは強いです
こいつがいるだけで大分Carry出来ます
もっと練習したいと思います


ラノベレビュー
ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?
電撃文庫より
著者:聴猫芝居 イラスト:Hisasi

ネトゲの女キャラに告白! →残念!ネカマでした☆ そんな黒歴史を秘めた少年・英騎はある日、ネトゲ内で女キャラに告白された。まさか黒歴史の再来!?と思いきや、ネトゲでの「嫁」になったアコ=玉置亜子は本物の美少女で、しかもリアルとネトゲの区別が付いていない……だと……!? 人前でもキャラ名を連呼し、ネトゲの旦那にベッタベタ。あまりに残念で危険な亜子を「更生」させるために、英騎はギルドの仲間たち(※但し美少女)と動き出して――残念で楽しい日常≒ネトゲライフが始まる!

結構パロディネタが多く、それもネトゲに関するものが多かったりするので、ネトゲを今までやったことがあると結構面白いかもしれません
ネトゲに関する黒歴史であったり、ネトゲの出会いというのは数奇なもので、今回はある意味ではお約束な出会いでストーリーもかなり単純です
テンプレと言えばテンプレですが、隠れヲタだったりお嬢様だったりと極端なキャラが多いです
またこのラノベのメインヒロインであるアコは結構強烈なキャラかもしれません
リアルにいたら相当怖いですが、物語上では楽しめそうな、ラノベ特有のヒロインの濃さです
文章は一人称視点で、独白が多いです
状況説明や相手の仕草表情言葉を自分なりに捉えて突っ込んだり、読んだりと主人公なりに噛み砕いたものが多いです
結構ストーリーがシンプルなので分かりやすいですが、少し後半は冗長になったり、強引な展開があったりもするので、そこがちょっと勿体無いかななんて思います
情熱的なのはいいですが、ラノベ特有の超展開が許されるだろうなという感じの描写も多いので、だったらもっと素直にイチャコラでも良かったような気がします
Hisasiイラストなんですしね……

一言:完全なる妄想拡大
総評 64/100
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。