黒紗夢日記

黒紗夢の日記です。読み方は「くろじゃむ」でも「クロッサム」でも構いません。 格ゲーでは「くろっさむ」で、他は「くろじゃむ」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
結局ロケテには行く(詠う少女の創楽譜7)
さて、何だかんだ言って秋葉まで行ってしまった黒紗夢です
正直コミケの後だったので今日はゆっくりしようかなと思っていたんですが、ふぐおくんにご飯食べようと言われてほいほい付いて行ってしまいました
とは言え、五時半から美容院という何とも言えない時間だったので、それまでは家でひたすら遊んでいました

ということで、昨日は何だかんだで眠れなかったのでのんびりと午後まで寝てからLoLを観戦してました
5時半まで外に出たいけど出られないという何とも言えない時間帯だったので、かなり無駄な時間を過ごしたなと思わずにはいられません
しかし、折角サークルを出したのに、同人サークルを全く更新をしていない事に気がついて、とりあえず形だけはまともにしよう!という事で直していたんですが、色々な事に気がついて結局TOPしか出来ていません
一応全てのページは元々入っているんですが、書くものがない
更にいうと、今回の絵のメインは別のやつなんですが、そいつのpixivのIDを知らないという完全に詰んだ状態でした
なので、とりあえず軽くTOPを更新して、リンクも何もないまま終わりました
あれ……?
こんなのでいいのかな……?
もうちょっと更新したかったんですが、結局何も思い浮かびませんでした
まぁ……次の時でいいですよね……?

その後、美容院へ行って髪を切っていたんですが、途中で大雨が降ってきてかなり絶望感を抱いていました
窓にかなり雨が打ち付けていて、自転車でこれ帰れないんじゃ……?とか美容師さんと話していました
切り終わった後に、少し収まったので何とか大丈夫でしたが、なんで外に行く前に濡れなきゃいけないんでしょうね……

で、秋葉でふぐおくんと合流してXrdのロケテをやってました
いやはや、今までのギルティと全然違ってかなりスピードが遅かったです
本当にギルティかよというレベルでぬるっとしてました
ロマキャンももっと読み合いが激しくなるのかと思いきや、あまりバクステRC昇竜みたいなそういう読み合いが出来なさそうだったのは残念でした
どういう方向性になるのかは、まだまだ分かりませんね

その後は田中そばで食べてからの、珈琲屋でまったりタイム
田中そばは初めて食べましたが、かなり美味しかったです
さっぱりしていながらも、味が濃く、辛いのを入れると更に美味しくなるという素晴らしいものでした
ご飯も追加でスープにあっていて満足しました
コーヒータイムはひたすらくっちゃべる時間
色々今後の事だったり、適当に話してました
いやはや、私も早く文章を書かないといけません
来年の4月までを目標にしないとですからね
頑張りたいと思います

帰る間際にも少しXrdをやってコンボを探してました
ぶっきらから新技を取り入れたかったんですが、画面端付近でしかJKが繋がらなかったので残念です
ぶっきら>ガンフレRCからブリンガー*2とか端ならブリンガー>ファフニール>ブリンガーとかそういうのしか見つけられていません
しかも、帰り際にやっとダストから横張り付きの事を知るという何とも勿体無い話
これはどう考えても、戦国陸上のフラグですね……
ギルティも陸上部になるのかと考えると胸が熱くなるな……


ラノベレビュー
詠う少女の創楽譜7
MF文庫Jより
著者:雨野智晴 イラスト:たにはらなつき

遂に迎えた最終回
思った以上にあっさりしていて驚きました
結構色々裏での錯綜があり、今回のメインと言っても過言ではないようなその後というものが省略されていたので、えっ?という感じでした
お互いが全力で戦い、そしてそこでどうするのかという各それぞれの視点で描かれていたんですが、全員を細かくやりすぎているせいで、全体的に薄まってしまっている印象です
それぞれが主人公を頼りにして、ここぞという時に歌を歌って発揮するという仕組みは至って単純なのですが、時間が同時なのか、それとも順番なのかという色々と時系列も謎ですし、同時に歌ってそれぞれのフレーズで思いを込めているのかというのがなかなか見えてこないせいで、どうも盛り上がりにかけていました
戦闘の勝敗も単純ですし、解決策も簡単
最後の最後にきて、こんな風な終わり方なんだという肩透かしがあります
裏で糸を引いている奴らも詳しくは描かれずに出て来て終わり状態で、結局その後になってしまうという完全にキング・クリムゾン状態でした
まるで強制打ち切りのような雰囲気を受けてしまったので、ちょっと勿体無いかなと思いました

一言:結局妹なのか……?
総評 60/100
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。