黒紗夢日記

黒紗夢の日記です。読み方は「くろじゃむ」でも「クロッサム」でも構いません。 格ゲーでは「くろっさむ」で、他は「くろじゃむ」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
お互いに齟齬が生じている(小悪魔ティーリと救世主!?4)
さて、完全に自分の研究ではなくなっている黒紗夢です
私が自分的にはこういう方針で立てれば面白いのかな?なんて思いながら考えていた研究は全て却下されました
なんということでしょう
私は自分の研究ではなく、教授のやりたいことを私がやるというのに今更ながらに気が付きました
とか言いながらも、私の能力じゃ何も出来ないんですけどね!

ということで、今日は13時には研究室にいろというようなメールを貰ったので、珍しく早起きして研究室に1時に行きました
B4以外誰もいませんでした
おや……?
どういうことなの……?
まぁ、一応11時くらいに1人来ていたそうで、そいつと一緒に買い出しをして戻ってからやっと全員集合するという何とも遅い集合
こんなのでうちの研究室は本当に大丈夫なのでしょうか……?
周りは結構プログラミングが出来るやつが固まっているというか、私以外は割とプログラミングが得意なやつしかいないので、そいつらと私を比べるのは完全に間違っているんですが、誰も何も進んでいません
他の人はバグ取りとかに追われているそうで、私のは継続研究かつ新規研究という何とも怪しい感じなので、真面目にやればバグ取りはありますし、後輩のことを考えなければバグ取りはしなくてもいい状態です
バグ取りはしません
継ぎ接ぎだらけのプログラムになるのは確定しています
しかも、一つのソースを二人で使っているので、どんどん酷い事になっています
私はあんまり変更しないのでいいんですけどね!
さてはて、プログラムは正直ごまかそうと思えば誤魔化せるんですが、それは本当に最後の手段なのでちょっとは勉強しないといけませんね

で、中間発表用のタイトルを決める為にそれぞれが教授に呼ばれて色々と決められる
この時、私は調べたことを色々と説明したんですが全て却下されました
また全て一から探す作業が始まりました
どういうことなの……
私の意見は0で教授の意見で全てが通るので仕方ないです
ただ、文句を言っても卒業なんて出来ないので粛々とまた類似研究を探す作業が始まりました
今回は意外と早く見つかるというか、まんまこれだろうというものを見つけてしまったので、ガッツポーズ状態です
これでもまだダメだって言われたら死ぬしかないなというレベルです
その研究は全て私がこれからやろうとしていることを網羅しているので、これを参考にするとプラスαは必ず必要になってしまうので、そこは考えなければいけません
とは言え、この類似研究では物凄く良いソフトを使っているので、それを私も教授が購入してくれるのならば大分楽になります
頑張りたいです
というか、上手く説得して購入すれば、お金がかかっているというプレッシャーもあるのでやる気が上がるんじゃないのかななんて漠然と思っています
今から画像処理の勉強を一からやるのは本当に嫌なんでね……
人工知能の研究室なのに、フィードバック制御と画像認識という素晴らしくも関係のないことなんでね
そうは言っても、じゃあお前は人工知能つけられるのか?と聞かれると、NOです
仕方ないです
プログラム出来ませんから……

因みに、最近はこの中間発表があるというのでLoLを自粛しています
の割りにはゲーセンに行っているので正直意味が無いんじゃないかという感じですが、流石にLoLはかなり時間を取られるので1stWinだけを取るためにCoopAIをやっています
S4になる前にGoldになりたいんですが、難しいところです
そして、いい記事があったので軽く紹介

http://game4broke.blogspot.jp/2013/09/low-elode5.html

低レートはこういうのをしっかりと考えないといけないでしょう
とは言え、私はこれが得意Championだ!と思っていたら、意外と全然違うということがあったり、ちょっとでもうまい人と当たるともう全然ダメだったりするので、もっと自分なりに練習しないといけないかもしれません
難しいですね……
早く中間発表を終えて、練習がしたいです


ラノベレビュー
小悪魔ティーリと救世主!?4
MF文庫Jより
著者:衣笠彰梧 イラスト:トモセシュンサク

表紙が荒崎だったので、メインが荒崎なのかと思いきや全然違いました
今度のメインは中学生・渚という素晴らしくも可愛らしい子です
どう考えても無理があるだろレベルの兄と兄妹という信じられない設定ですが、ストーリー上そういうのを気にしたら負けの気がします
結構積極的な子で、従順で素直ないい子という感じですが、最後の最後でなかなかに面白い引きがあったので次回が結構楽しみになっています
今回は前回のを引きずったままの悪魔だったり不良だったりのイベントが起きており、それを回収しつつ新たなキャラを悪魔と天使の争いに引っ張りこんでくるというどんどん風呂敷が広がっています
悪魔側の戦力がどんどん現れてきており、既にインフレしているのに大丈夫なのかな?というのと、主人公の体調の変化がこれからどう切り抜けていくのかというのは見ものかもしれません
ただ、作者が作者なので、こういう風にまた広げてちゃんと回収出来るのだろうかという不安がいっぱいなのですが、今のところはまだまだ面白いです
主人公の心理の変化であったり、周りとの環境変化への戸惑いというのが丁寧に描かれているのでこの人の作風だと大体どれも同じ主人公になってしまうんですが、ゲームとは違った雰囲気が楽しめます
なんだかんだでメインヒロインは決定していそうですが、結末がどうなるのかは分からないので、まだまだ楽しみにしていたいと思います

一言:渚ちゃんが可愛すぎる
総評 72/100
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。