黒紗夢日記

黒紗夢の日記です。読み方は「くろじゃむ」でも「クロッサム」でも構いません。 格ゲーでは「くろっさむ」で、他は「くろじゃむ」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
絶望感がこみ上げてくる(《名称未設定》 Struggle2:彼女の望む世界)
さて、銀行へ寄ったら半分くらいしか振り込まれていなかった黒紗夢です
確か16000円以上働いた気がするんですが、何故か9000円しか入っていませんでした
あれ……?
どういうことなんでしょう
というか、時間外として普通のアルバイトも少しやっているので2万くらい入っていたら嬉しいな―とか思っていたんですが相当な勘違いでした
きっと月曜日にはもっと入っていると信じたいんですが、果たしてどうなることやら……

ということで、今日は入ったお金でラノベやらを購入しようと思ったんですが入ってなかったので諦めました
でも、ふと冷静に考えてみると25日にものべのが発売するのでこのお金は使えないんですよね……
当たり前です
何せものべのには約18000円という膨大なお金をかけていますからね
……?
お金足りるのか……?
まぁ、他にもちらっと細々したバイト代が入るので生活は出来ますが、辛いです
とは言え、来月からはあんまり気にしなくても良いです
卒業旅行の事を考えなければ……ですがね

閑話休題

研究室に行っても研究をやろう!という事はほとんどなく、メインはフィットネスです
周りの奴らは劇場版まどマギの先行イベント?のやつで色々期待に胸を膨らませていましたが、そんなもの当たるはずがないですよね……
私は素直に普通に映画を見たいと思います
というか、あの花の映画も未だに見ていないので、見ておきたいですね
あの花、まどマギ、サカサマのパテマと最近は見る映画が多いです
嬉しいです

そして、健康的なフィットネス
時間がある時は何故かやる気が出るまでかなり時間がかかります
かなりゆっくりと柔軟をした後に腹筋してサイクリング
残っている3台中3台が壊れているというとんでもない事になっていました
どういうことなの……
一台は元々故障中と表記されており、もう一台は重さが変わらない、最後のはもう重さは変えられるのにメニューをセッティングすると一瞬で表記がバグってクールダウンになるという素晴らしい仕様でした
壊れすぎですね、はい
いくら人がいなくなったからといっても、機器の調整くらいはして欲しいなーなんて軽く思いました
サイクリングは元々やる人がほとんどいないというのもあるんですが、たまたま人がいたせいでまともなものが使えないという
これからはもっと人がいない時にやるしかなさそうです

気が付けば大分時間が過ぎていたので、シャワーを浴びて帰宅

今期のんのんびよりを見ていないというクソザコがいたので、衝撃でした
アニメが趣味なのに、のんのんびよりを見ていないとか、何の為にアニメを見ているんでしょうかね
今期覇権確定ののんのんびよりだというのに……


ガルロワをやっていたら致命的なバグで起動が不可能になって壁殴りしてました
遂に引退か……?



ラノベレビュー
《名称未設定》 Struggle2:彼女の望む世界
ファミ通文庫より
著者:津田夕也 イラスト:鵜飼沙樹

たまに主人公の性別を忘れてしまいますが、今回はそれが結構重要なキーワードになっています
色々と主人公の行動によって戦況が左右されたり、登場人物の相関がどんどん明らかになっていきます
かなりの状況が錯綜しており、結構複雑な戦いになります
なかなか今回の戦闘は面白いものが多く、チーム戦での立ち回りや個人での立ち回りがたくさん見られるので戦闘面はかなり白熱しています
今回のゲームはお互いの信念がしっかりと描かれているので誰が勝っても面白いなという状況です
一番の敵であるトランプの会は登場人物の多さや重要さがかなり際立っており、過去から丁寧に表現されており面白いです
更にもう一人最初の八人の一人である仲道もかなりの重要なキャラで、過去から能力の理由や何を目指しているのかというのがかなり詳しく描かれているので、かなり注目です
最後の引きも面白いですし、今後が更に期待出来そうです

一言:チュートリアルが可愛い
総評 76/100
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。