黒紗夢日記

黒紗夢の日記です。読み方は「くろじゃむ」でも「クロッサム」でも構いません。 格ゲーでは「くろっさむ」で、他は「くろじゃむ」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
新規勢は良い狩場(おまえをオタクにしてやるから俺をリア充にしてくれ!8)
さて、歯医者に行くためだけに学校をサボった黒紗夢です
正確にはサボったというわけではなく、元々私が行く日という事を記入していないのでサボりもなにもないんですが、研究をしなければいけない今日このごろにおいてはあるまじき行いかもしれません
ものべのが発売されたら研究なんてそっちのけでしょうしね……

ということで、今日は定期健診で歯医者に行ってきたんですが予約したのは4時半過ぎ
もう完全にやる気が無いですね
家ではAndroid勢のおかげで簡単に勝てるようになったガルロワをひたすらポチポチする作業です
イベントがないと平和ですが、イベントの為に色々とアイテムを貯めないといけないので毎日やらないと辛いです
そして、歯医者に行ったらいつもやってくれる美人なお姉さんが別の人でおばさんで結構ショックでした
しかも臭いがね……
いつもの人だったら嬉しかったというのに……
しかも、親知らずのところが少し腫れていたために、歯を綺麗にする時に少し痛かったんですよね
それをババアにやられてると考えるともうね……お姉さんならまだそういうプレイと割り切れたんですが、残念です

そして、どうやらBBCPの発売記念?でアークが社内大会というのをニコ生で放送していたのでそれを見て盛り上がっていました
いやー……ああいう社内でわいわい格ゲーやるのは楽しそうですね
しかも、優勝者がやるのは自粛しようと言っていたらしいカグラのAHをきっちり最後に決めて優勝をするというなかなかに面白い結末でした
最初はミラーがどこにあるのか分からずに公式から追い出されて絶望をしていましたが、開発者達が新キャラの新しいコンボをしっかりやりながら騒いでいたのは、見ていて楽しそうでした
どの追加キャラも一癖も二癖もあるキャラっぽくて楽しみです
が、正直一番使いたいココノエはDLC確定なのが残念なところです
課金はあまりしない人間なので、ココノエを使いたいけれども使えないという感じになっています
まぁ、一応アンケートサイトで2,000円分くらいは架空のお金があるのでそれを使ってもいいんですけどね
それをずっと使わずに多分3,4年は過ぎているので使わないとななんて思っています

そのニコ生が終わってからはLoL
今日やっていて思ったのはやはり、SupportはObjectが割られたらもうBotにいる必要性がないなというのを実感しました
結構1つ目のタワーが割れた後も残るSupportが多いんですが、そうすると完全にジリ貧なんですよね
今日もかなりLane戦では負けていて、相手がかなり有利だったんですが、相手はひたすらkillを狙うだけで全然タワーを折らなかったんですよね
なので、相手が帰った瞬間にタワーを急いで割って、自分だけMidへ行ってひたすらPushしてMidを割るという作業をするだけで一気に形成が逆転しました
実質SupportがMidに行けば1v3の状況が作れるので相手が攻めてくれば殺せるし、タワーも相手が来なければ確実に壊せます
なので、killを狙うよりもひたすらObjectを狙うことだけに専念をすれば結構金差も埋まるという事です
LoLは奥が深いです

しかし、フルブーストでエピオン解禁と聞いて結構期待していたんですが、想像以上に弱いみたいですね
NEXT時代はかなり強かった記憶があるんですが、今回は3000コスのくせして火力がほとんどでない上にカット耐性がほぼないという非常に終わってるような感じがします
普通に格闘入れても200減らないのかな?
結構しっかり入れないとダメなようで、なんで格闘専用機で火力が出ないのか意味が分かりません
ただでさえ、リボーンズとかいう格闘機殺しの機体がいるのにも関わらず、近づいても火力が出ないとか使い意味がないような気がしてなりません
家庭用になるまでには強くなっていて欲しいですね……
とは言え、私がただエピオンに乗りたいというわけではなく、エピオンが強ければ私がスローネに乗れるなという思いがあるだけです
スローネを使いたい……


ラノベレビュー
おまえをオタクにしてやるから俺をリア充にしてくれ!8
ファンタジア文庫より
著者:村上凛 イラスト:ぽんかん⑧

どんどんとストーリーが複雑になっていっており、ややこしい感じになっています
前回から展開される告白イベントからお互いの気持ちや行動が今回一気に大胆になっていきます
前回は主人公が男を魅せてくれましたが、今回はその結果を受け取った主人公に対するアプローチとしてムラサキさんだけではなく、小豆もかなり積極的になってきており、かなりのハーレム状態となっています
そして、肝心の桃はと言えば、今回もかなり複雑な感情が渦巻いており、一筋縄ではいかない感じがしています
周りの積極性に対する焦りや、主人公のちょっとした言動、そして自分自身の感情と行動に対して色々な含みを持っている感じですごく青春臭い事がかなり行われます
もう佳境に入っており、もう少しで決着をつけるというところでラストの展開が次へと引っ張っていっています
5巻あたりからなかなかに恋愛模様が面白くなってきているので、このまま最後まで突っ走って欲しいですね
楽しみです

一言:ハーレムのような一途な恋
総評 83/100
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。