黒紗夢日記

黒紗夢の日記です。読み方は「くろじゃむ」でも「クロッサム」でも構いません。 格ゲーでは「くろっさむ」で、他は「くろじゃむ」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
ひたすら逃げる日(ゴールデンタイム2 答えはYES)
さて、学校へ行っても教授に会わないようにしていた黒紗夢です
後からどうせ怒られるということはわかっているんですが、それでも会いたくない時ってありますよね?
それが私は毎日続いているだけです
しかし、とは言え学校に必ず行かないといけない日というのは存在するので、そこでうまく折り合いを付けて会うけれども誤魔化す程度に会って即逃げるという戦法が理想です
まぁ、そんなことは無理なんですけどね……

ということで、今日も今日とてバイトなんですが、昨日は早く寝過ぎたせいか全然眠れませんでした
おかげで6時起きという速すぎる時間でしたが、のんのんびよりを見て体調を整えていました
のんのんびよりは何よりの特効薬です
のんのんびより is God
そして少し早めに学校に到着して報告書の作成
今日が締切ではないんですが、先生が今日しかこちらにいらっしゃらないので書かざるを得ません
しかも、今月は5週あるということに気が付いたので、単純に考えれば55kですからね……
先月振り込まれなかったもの等々を合わせていくと、10万入ります
あれ……?
初めてじゃね……?
今まで私が月に働いて貰った値段のMAXは多分4万円くらいです
相当少ないですね、はい
働くのが面倒な人間なので、信じられません
まぁ、今月もすごく働いたという気持ちは特にないので、嬉しいです
来年からは社畜なんですけどね……
やったねたえちゃんお金が増えるよ

閑話休題

TA中は微妙に事件というか、出席はPCのログインで取っているんですが、それで他人のIDでログインして出席を取っているという割とヤバメな感じの人がいたので流石にやめさせました
しかも、そいつらは再履修生ですからね……
確かにこれで落とすのはまずいですが、要するに代返が許されるのは一般科目の人が多い時だけのような気がします
実習でそれはやっちゃいかんでしょ……
曲がりなりにも理系科目の一つではあるので、ね
仕方ないですね
結構しゃべる奴らの一人でしたが、そういうところはきっちりしないといけません

で、教授に合わないように研究室へ行ってもうまく逃げて速攻フィットネスに行きました
速攻でもないです
他のやつが割とグダグダしていたせいで、どっちにすんだよ!みたいな感じでひたすら長話してました
そして、じゃあ取ってくるよ的な事で言った奴らが帰ってこなかったので諦めて私一人だけフィットネスをしていました
そりゃいつまでもくだらない話で適当にダベってたらそうなりますよ……
さっさと来いよって話です
毎回こういうアホみたいなことにせいで面倒になっている気がします
よくないですね
どうせ答えは決まっているのに、グダグダする理由が謎です

フィットネスの後にふと図書館に寄って、何故か手話の本を読んでいました
たまたま本棚で手話の本を見つけてしまって50音くらいは思い出そうという事でちょっとだけ練習していました
小学校の頃に実は少しだけ友達と手話の練習をしていたんですよね
理由は滅茶苦茶くだらなくて、授業中にしょっちゅう喋って怒られるので、だったら手話で会話すれば怒られないんじゃね?!とかいう最高にくだらない理由で手話を覚えていました
勿論日常会話レベルに到達するわけもなく、50音だったりあとは「しぬ」だとかそういう煽りに関しての手話しか覚えていませんでした
どういうことなんでしょうね……
しかも、覚えても大抵馬鹿だとかアホだとかの手話をするだけで、会話らしい会話をした覚えはありません
いつかこんな手話が役に立つ日は……来ないでしょう
懐かしさを覚えながら本を読んで、研究室に戻ってから速攻で町田

真空の限定は結構もう食べ慣れたものでしたが、いつもよりも辛めにしたらなかなか美味しさがアップしてました
歯肉を切ったせいで、割とそこら辺は微妙に痛みましたが美味しいので我慢してました
血で赤いのか、スープが赤いからなのか、神のみぞ知るといったところです

帰宅してからは、LoLで日本と台湾の親善試合を見てました
日本がボロボロに負けていて、まだまだ日本は世界に通用しないんだなーとか思ってました
流石にあちらはもっとたくさんのプロチームがいて練習してますからね……
日本とは練習量が違うでしょう
果たして、日本がこういうのの日の目を見ることはあるんでしょうか……

ものべのはひたすらすみルート
えみちゃんの微妙にHシーンがあって嬉しかったです
流石にやったりはしませんが、結構良い感じのがあったので私は大満足です
素晴らしいゲームです



ラノベレビュー
ゴールデンタイム2 答えはYES
電撃文庫より
著者:竹宮ゆゆこ イラスト:駒都えーじ

一気にストーリーが進んで驚きました
かなりいいテンポで進んでおり、香子の事、リンダ先輩の事を主人公がどう受け止めてどう行動するのかというのが今回のメインです
リンダ先輩との過去について悩んで、一気に溢れでてしまうのは仕方ないことなのでしょう
確かに今までのリンダ先輩と主人公の会話や振るまいというのは本当に初対面同士の会話であったり仕草であったりと過去を全く感じさせないものでしたが、今回の事件によって今後の態度がかなり変わってくるのではないでしょうか
もしかしたら、次回からはリンダ先輩を中心とした何かが起こるのかもしれないという期待が高まっています
香子のことは、今まで香子のことについてはなんだかんだで主人公側がアホだなぁという印象が強かったんですが、今回の出来事を通して可愛らしいなという一面が多分に含まれてました
ラストシーンはなかなかにぐっときましたが、やはりというか何というか締まらない終わり方もそれはそれで2人の関係性のいい象徴なのかなと思います
今後更に香子やリンダのことについて主人公がどう動くのかが楽しみです

一言:小悪魔千波ちゃんかわいい
総評 83/100
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。