黒紗夢日記

黒紗夢の日記です。読み方は「くろじゃむ」でも「クロッサム」でも構いません。 格ゲーでは「くろっさむ」で、他は「くろじゃむ」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
誰もいない時に回収する(ゴールデンタイム3 仮面舞踏会)
さて、休日だったにも関わらず学校へと行ってきた黒紗夢です
今日は元々学校が祝日なので行っても誰もいない上にいちいち手続きをしないといけないんですが、少しだけ研究の資料が欲しいかなと思ってしぶしぶ行きました
明日もし教授に何か言われたらある程度出来る形を見せないといけませんからね……

ということで、今日は休日だったのでまったりしていたんですが、ロボットのレーザーの数値が欲しいなーという事で仕方なく学校に行きました
家を出る時にふとメールを見てみたら、ちょうど新横で部活の後輩たちが試合をしていたということに今更ながらに気が付いて、もっと早めに家を出れば良かったなと若干後悔してました
午前中に目が覚めて、メールを見ていれば新横で試合を見たついでに研究室に行けたのに……という感じです
まぁ、いつものように正午近くに起きていたので一切関係ないんですけどね!

なので、そのまま学校へ行きましたが、当たり前のように誰もいません
ですが、誰もいない(警備員除く)大学を散策するのはなかなかに楽しかったです
いつもならば落ち葉を拾う庭師の人達がいるんですが、この連休中は誰も掃除をしていなかった為に結構な落ち葉の量があって雰囲気が出ていました
しかも、少しどんよりとした空模様だったので秋の冬へと移ろいゆく匂いを感じました
で、研究室でこそこそダンボールのしょぼいロボットが移動する部屋を作ってからレーザーで適当に座標を取得
取得しただけで特に研究をいじったわけではなく、その数値を取って満足して帰宅しました
本当に一体何をしにきたんだ状態ですが、一人の研究室で何かやろうかなーと思っても環境が集中出来る環境ではあるんですが、何となく面倒だしいいかな……みたいな感じになりました

そして、最近ゲーセンに行っていなかったので、ドラマニとmaimaiを久しぶりにやっていました
ドラマニは気が付いたらまた新曲解禁になっていて驚きました
いつもなら新曲が来る前にきっちりと解禁していたのに……
しかも、1クレ目はかなりぐちゃぐちゃでした
普通にやればS取れる曲ですら、何故かグレートが出まくったせいで、Aになるという衝撃でした
やはりある程度何日かに一回はやらないと腕が相当落ちますね
ただでさえ最近簡単な曲ばかりをやっていたせいで、いつもクリア出来る曲が出来なくなるというとんでもない事態にもなっているので、そろそろがっつりとやりたいですね
それかもう音ゲー引退か……という感じです
maimaiは久しぶりにやっても腕があんまり変わらないというのに……
しかも、新曲が増えていましたし、本当にこのゲームは久しぶりにやると楽しいです
ずっとやるのは飽きますが、適度にやるには最高のゲームです

で、アニメイトで適当に散策して帰宅しようとしたら、新しいカフェができました~とか言ってチラシを貰いました
結構普通の姿で配ってたので、普通のカフェなのかな?とか思いきや謎の2.5次元カフェなるところでした
値段を見たら1時間3000円の飲み放題とかいう完全なるぼったくり料金だったので、一生行かないと思います
やすければ試しに行こうかななんて思えますが、流石にこれはないかなぁと……
他の食べ物類も居酒屋よりも大体1.5倍くらいあるのでカフェ(笑)という感じです
最近どう考えてもキャバクラだろ的なカフェが多いのでまともなところが出来て欲しいなぁなんて思います
町田にも良いカフェとかないんですかね……
あんまり散策してないというのもありますが、普通のカフェあるのかな?なんて思っちゃいます

因みに、家では研究をしていました
折角手に入れたデータがあるのでそれで適当に自分の出力が出来るかなーとか思いながらひたすらプログラミングをして、やっと完成しました
これで理想的な完成の4割くらいが出来ました
全部つなぎあわせはまだしていませんが、多分大丈夫でしょう……



ラノベレビュー
ゴールデンタイム3 仮面舞踏会
電撃文庫より
著者:竹宮ゆゆこ イラスト:駒都えーじ

まさかの展開でした
今回から遂に香子と付き合い始めましたが、まだまだぎこちないだけでなく、主人公が自分の記憶と向き合っていくんですが、リンダとのことがやっと解決しそうだなというところにきて、一気に急展開を見せます
香子の事や、やなっさんが前回から落ち込んでいるのを慰めて皆で集まってお互いに関係を清算するいい機会で大団円、という状態だったのですが、現在に過去からの主人公の亡霊が襲ってきたという感じでしょうか
元々主人公の幽霊視点は存在していたんですが、結構見守る形を取っていた今までとは違い、今回はかなり幽霊の心が揺れ動きます
そして、ラストにきな臭い出来事が起こるので、次回がかなり期待と不安でいっぱいになります
果たして次はどうなるのか、とても気になります

一言:腹黒千波かわいい
総評 80/100
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。