黒紗夢日記

黒紗夢の日記です。読み方は「くろじゃむ」でも「クロッサム」でも構いません。 格ゲーでは「くろっさむ」で、他は「くろじゃむ」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
調子がいいのはゲームだけ(猫耳天使と恋するリンゴ)
さて、ひたすらLoLをやっていた黒紗夢です
昨日からLoLのチームに入ったし、rankも勝ったしこれは調子がいいのでは?という感じでLoLを起きてからすぐに起動してやっていました
完全に死亡フラグな気がしますが、そんなことはないです

ということで、今日はSoloQrankやってました
今日は昨日溜められたおかげで早速昇格戦だったんですが、簡単にS3に戻りました
今まで下がったのは何だったのかというレベルで圧勝しました
まぁ、前やった時はrankやらないとDivision下がるよって言われて仕方なくやっている状態で、その時はもうほとんどLoLをやっていませんでしたからね……
今日は結構色々なRoleになりましたが、ADC以外なら割と安定してきた気がします
唯一MidはChampionの数が足りなすぎて、選べるChampionが少ないのが問題ですけどね……
なにせPreS4になってから全く見なくなったKennenくらいしか上手く使いこなせる奴がいません
それでも別に弱くはないと思っているのでそれはいいんですが、他人が全く使ってないとやっぱり今の環境に適合してないのかなーなんて思います
そもそも今はKassやFizz、OriなどのChampionの方が蹂躙してますからね
Kennenは集団戦をきちんとやれば強いのに……
Fizzのcounterでもあるので、まだまだやれるChampionだとは思ってます
Tier2はあるんじゃないでしょうかね……
Shyvanaは何もしなくても勝てるのがやばいです
こいつは本当に強すぎてやばいです
硬い上に火力出すので、意味が分かりません
下手な私でも勝てるんですから、相当でしょう
あと、このPreS4からのSupportitemのおかげでMalpSupがmana消費をそこまで気にせずに攻撃出来るようになったのが嬉しいですね
結局今回はSupportがかなりお金を稼げるので、Malpが育っていけば集団戦も強いし、Laneもハラスが出来るという素晴らしさ
TankySupportがこのSeason鉄板ですが、Malpももう少し脚光を浴びてもいいかもしれません
LeonaやTaricがBanされたら……ですが

しかし、LoLやっている最中に咲の再放送ニコ生を見ていましたが、見直してても面白いですね
キャラの噛ませ犬的な発言だったり、オカルトなんて信じません!なノリは後々を知っていると楽しいです
こういうのを見なおして見るのはいいですね
時間があれば、他のアニメも見直したいんですが、なかなか機会に恵まれないというか研究をやらないといけない立場でアニメ見放題というのは流石に……
LoLをずっとやってるのに何を言ってるんだという感じですけどね!

そろそろ、ノエインのBDBOXが欲しいです



ラノベレビュー
猫耳天使と恋するリンゴ
MF文庫Jより
著者:花間燈 イラスト:榎本ひな

高校2年生の一樹が食べた林檎は、どんな願いも叶える『天界の林檎』だった。林檎を食べたことで悪魔に命を狙われることになった一樹は、天界から舞い降りた天使・ミントと協力して『林檎の片割れ』を創作することに鳴る。悪魔の襲撃、天界の林檎に隠された秘密。次々に迫り来る苦難を乗り越えながら、片割れを手に入れるために奔走する一樹。そんな中、幼なじみの雪姫が急に積極的になってしまって……!?
恋するリンゴ達と猫耳天使が織りなすラブコメディ。ふんわりまどろむ極上の果実を召し上がれ。


なかなかに伏線が面白いラブコメでした
天界から降りてきたミントと急に性格が変わってしまった雪姫とのとてもおもしろく、リンゴの代償がストーリーの積極性や天界に良い色合いを演出していて楽しかったです
登場人物がかなり少なく、リンゴのせいで巻き込まれる主人公やヒロインの展開がとても丁寧に描かれており、それぞれの表情や仕草、行動や思いも分かりやすく表現されているので分かりやすいです
この事件の間の主人公の気持ちやヒロインの気持ちというのはある意味ではすれ違いながらもデートを重ねていって、想いを募らせていくのは王道的でもあり、しっかりと一人のヒロインを見据えているのでハーレム系や鈍感系のものとは全く違う楽しさを味わえます
ヒロインと主人公のつながりもはっきりとしており、ヒロインの魅力は顔だけというのとは違い、どうやって出会いどういう子なのか、というしっかりとしたヒロインの魅力を惹き出すエピソードも含まれているので感情移入しやすくて良いです
文章は一人称視点で、独白が多いです
主人公達の過去や今の心情やもどかしさというのが真に迫る思いが込められており、非常に親しみを持てます
意外なところでの伏線やすっきりとした解決策は良かったです
この後をにおわせるようなラストで、少し冗長的でこれで綺麗に終わったほうが良かったななんて思いましたが、平和的な未来を願いたいストーリーです

一言:天使もヒロインも可愛い
総評 86/100
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。