FC2ブログ

黒紗夢日記

黒紗夢の日記です。読み方は「くろじゃむ」でも「クロッサム」でも構いません。 格ゲーでは「くろっさむ」で、他は「くろじゃむ」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
ダウンロード違法化、著作権非親告罪化
最近、少しずつまともな生活を取り戻しつつある黒紗夢です。まぁ、流石にショックもありますし、もうセンター80日くらいですからね。化学は新しい事なのでひたすらやりまくれるんですが、物理がどうも手薄になりがちになっています。数学はなんとか一番上のランクの問題も解けるようにしています。問題は物理ですねぇ・・・こうやる気がどうも出ませんね・・・

さて、ダウンロード違法化問題についてでも書きましょうかね。
でも、私のような人物が私的にあれこれ言っても仕方ないと思いますが、あくまでも私の意見の全てを信用しないでくださいね。それだけは了承してから参考にでもしてください。というか、むしろまとめを見ろって事ですね。
長くなったのでこちらには箇条書きを、そして続きには詳しく書いております。
・委員会はあまり理解していないので、動画をクリックするだけでも違法の可能性に・・・
・個人で楽しむ分には良かったものまで違法化するという事
・著作権利者でなくても告発出来るという事
・音楽・動画だけでなくネットのもの全てにおいて違法化、そして制限される可能性もあるという事
・一人でも多くの人がメールを送らなければ、この法案が可決してしまう可能性が大いにあるという事

こんな感じでしょうか?端的にまとめるとこういう感じだと思います。
バナーを貼っておきます。
ダウンロード違法化


ネットをこれからも使い続けたいと思っている人は絶対にメールをしてください。私一人送らなくても大丈夫だろうという傍観者的観測はやめてください。一人でも多くに国民がメールを送らなければ、この法案は可決されてしまいます。口先だけでの嫌だなというのはやめてください。はっきり言って今後の日本の未来に大きく関わる問題だと言っても過言ではないでしょう。これからネット社会にもっと進展していくとしたらこの法案は目の上のたんこぶでしかありませんし、この問題はある意味分岐点だと私は思っています。今まではマスコミや政府が勝手に全ての事を実行していた時代から、私達国民が自ら立ち上がってお上達と戦ってより民主主義的な事にしていくための第一歩だと思っています。この第一歩に足並みを揃えなければ、一体いつ足並みを揃える事が出来ましょうか?これで敗退したのならば、やはりまだまだマスコミ・政府の力の方が強いという事になるのでしょうが、一通自分のメールを送ったか送らなかったかで心理は大きく異なると思います。
今まで全て傍観してきた私達は一度戦いにのっかってみてもいいんじゃないでしょうか?私はそう思います。勿論、私の言葉を一言一句信用しろとは一言も言っておりません。この法案は通るべきだと思えば、メールを送らなくても結構です。ただ、数%でもこれはダメなんじゃと思うのであればメールをするべきだと思います。
結局話が前後半ともに長くなってしまい、支離滅裂になってしまいましたが、少しでも伝わればいいと思います。

今日は私事はなくして、この記事中心にしたいと思うので、全て割愛させていただきます。
あと、ニコニコ動画・youtubeのリンクも全て貼っておきたいと思います。
ニコニコ動画

http://www.nicovideo.jp/watch/sm1343746(ここに全てリンクが貼られています)

youtube

http://jp.youtube.com/user/MIAUpub


MiAU公式サイト

何か私の意見で間違いなどがありましたら、言って下さい。ちなみに、誇張はあると思いますが、私の意見なので本格的なのはまとめを見ろという事しか出来ません。語弊があれば、勿論修正はしたいと思います。

そして、これはより多くの人に伝えるべきものだと思っていますので、どんどん広めていっていただけると幸いです。
まぁ、法案の名の通りなんですが、要するにダウンロード自体が違法行為になる・・・という事ですね。
著作権物なんだから違法化するのは当たり前だと思うかもしれませんが、そういう問題でもないらしいんですよね。どうやらこの委員会での法案は完全に頭のお堅いお上様達ばっかりで知識もほとんどないような人達で構成されているようです。
前の記事を載せますと、

この脚注を加えた理由について文化庁著作権課の川瀬真氏は、一部の新聞や雑誌で「YouTube」などの動画共有サイトを視聴することも第30条の適用から除外されるという記事があったためと説明。この点については「誤解である」と述べ、視聴のみを目的とするストリーミング配信は一般にダウンロードを伴わないため、動画共有サイトを視聴するだけでは違法行為にはならないとする見解を示した。

 なお、YouTubeなどの動画共有サイトを視聴する際には、動画ファイルのキャッシュがPC内のHDDに一時的に保存される。この点についてIT・ジャーナリストの津田大介氏は、「違法ダウンロードが法制化された場合は、キャッシュとして保存することも複製と見なされ、違法行為になってしまうのか」と疑問を示した。

 この質問に対して川瀬氏は、「それが複製にあたるかどうかの知識はない」と前置きした上で・・・以下略

え・・・?知識もないのにやろうとしてるんですか?委員会で法案やるならそういう知識くらいはもってからやるべきだと思いますよね・・・
ですから、この法案は無差別にクリックしてしまうだけで違法・・・という状況下にあるわけですね。
そして、法案の内容なんですが、
情を知ってダウンロードするのは違法・・・という事らしいんですが、要するにそれが違法だと分かった上でのダウンロードって事ですね。まぁ、勿論これを立証するのは難しいのでたとえ法案が成立したとしても見せしめで何人か罰せられる事はあったとしても、そう易々とは立件は出来ないようです。なら、いいじゃないかと思うかもしれませんが、この法案が通ってしまったらのちのち更にネットの環境が悪くなる・・・という事なんですよね。
もし仮に、この音楽と動画のダウンロードが禁止になったとしたら、必然的に画像やテキストも禁止にしろという利権者からの要請で画像やテキストも違法化することになるでしょう。という事で、ネット上に他人のものを使ったらダメーって事になるわけですね。で、この違法化と並行して、危険視されているのが「著作権非親告罪化」というものですね。
これは、従来ですと著作権利者だけがこれは私のだ!使っちゃダメだ!訴えてやる!という主張を出来ていたのが、警察やら他の人達がこの著作権物はダメだ違法だ!罰金だー!と叫べば、罪になってしまう・・・という事なんですよね。なので、音楽・動画はたまた画像やテキストをコピペして貼ると権利者だけではなく他の大勢の人達もこれは違法だと言って告発する事が可能になるわけです。
要するに私のブログも違法になってしまうわけですね。
この法案が通るとそういう事になってしまいます。そして、誰でも訴える事が可能になって憂さ晴らし・警察の点数稼ぎとしてこの法案が大いに使われてたり、ワンクリック詐欺なんかもまた簡単に出来るようになるわけですね。
勿論、法案が通ってからすぐにこんなに不便になるという事はあり得ないんですが、将来的に・・・多分すぐ近くの将来日本のネット環境の使いづらさが相当なものになると思います。もしかしたら、刑罰に科せられたりする可能性もあります。
ちなみに、私はあくまでも最悪な例を挙げているだけです。勿論、この法案が通る事によって利権者側の権利がより守られて、日本のチキンハートな人達は違法だからやめようぜ・・・という抑止力にもある程度なるかとは思います。ですが、この法案が通っていない今現在でも既に違法サイトの逮捕者も出ていますし、実は法案が通っても全く抑止力にはならない可能性も十分に高いわけですね。そうなると、ただの目の上のたんこぶでしかありません。しかも、そのたんこぶのせいで失明したり、変形したりする可能性の方が高くなってしまう・・・という事ですね。

そして、この法案を止めるためにも

皆さんでパブリックコメントを送って下さい。

これは、私達一般市民の声をより取り入れていこうというもので、これにこの法案のどこどこが悪いなどと書いて送ると送ったのは一通だけかもしれませんが、塵も積もれば山となる。ダウンロード違法化に反対だと言う人は是非まとめサイトへ行ってテンプレを見て、メールを送って下さい・・・
Comment
≪この記事へのコメント≫
ネカフェとかから抗議って送れんのかな?

まぁ無理なら携帯でやるからいいけどね


そろそろ実情を知った上での行動を心掛けて欲しいものだ
2007/10/28(日) 18:39:42 | URL | イカ #-[ 編集]
携帯のメールでも可能だし、ネカフェでも出来る。
というか、国に提出だから本名を入力しなきゃだからネカフェより携帯の方がいいかもね。
でも、メール内容もちょっと普通のじゃ受け付けてくれないから、やっぱりPCでまとめサイトを見てもらわないとだな。

実情なんて知らない、それがお上仕事
2007/10/28(日) 23:20:31 | URL | 黒紗夢 #OARS9n6I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。